そもそも「会社」というのは「利益を追求することを目的に、人々が集まって作った集団」だと言えます。そのうち、株式を発行してお金を集めているのが「株式会社」です。

株主は出資者(=会社のオーナーの一人)ですから会社の経営に参加することができます。ただ、会社の規模が大きくなって、お金を出してくれる株主の数も増えていくと、株主の意見がまとまらず、「利益を追求する」という会社本来の活動がスムーズに行かなくなる可能性もあります。

そこで、株式会社では役割分担が決められています。

株主は会社の活動に直接参加するのではなくて、株主総会で会社の経営を任せる「取締役」という人たちを選びます。

そして、この取締役の中から会社の代表者である「代表取締役」を選びます。

そして、取締役が従業員を指揮・監督して、実際に会社の運営をするというしくみになっています。

お金を出す「株主」と、経営を担当する「取締役」。それぞれの役割を分けることで、株式会社の活動が円滑に進むように工夫されています(これを「所有と経営の分離」といいます)